再婚による連れ子の場合

被相続人の子供は配偶者とともに相続の権利があります。

携帯電話01

その子供は、婚姻手続きをしたあとに生まれた実子、養子縁組で血のつながりはないが法的には子供になった養子、認知をした子供などが該当します。親の再婚相手と一緒に暮らしていた連れ子の場合は、法律ではただの同居人としての扱いになり、相続人にはなれません。連れ子の場合は、親の再婚相手との間に養子縁組の手続きをしていれば、法律上の親子関係があるとみなされて、相続人として認められます。養子縁組をしていない結婚相手の連れ子に財産を残したい場合は、遺言書を作成しておくことが必要です。遺言者は、法律で決められた相続人以外の人に財産を残したい場合によくとられる手続きです。

 

親が再婚した場合、再婚後に親と再婚相手の間にできた子供(連れ子の異父母兄弟)は、親の再婚相手の実子になるので相続権があります。また、親の再婚相手が前の結婚相手との間に子供がいる場合は、その子供にも相続権はあります。よくあるトラブルでは、親の再婚によって長年実の親子同然に暮らしてきて、介護もしたのに養子縁組や遺言書がないためにまったく面識のない親の再婚相手の実子や親戚に財産をもっていかれてしまったという話もあります。

Comments are closed.