認知された子供の場合

血のつながりがなくても相続できるのかという場面において、血のつながりがなくても父親がその子を
自分の子供であると認知した場合にはどのように判断されるのでしょうか?

基本的に血のつながりのない子供には相続権はありません。
相続人になれるものは法律で決まっているため、相続人にはなれないのです。

では、認知をされれ地のつながりがなくても相続人になれるのかというとそれも違います。ビジネス男性13

認知は、親子関係を認めるという効力を持っており一回してしまうと本来は取り消しはできないのでありますが、
そもそも、認知は血のつながりがあることを承認することです。
ですので、血のつながりのない子を間違えて認知してしまったりしますと無効原因となりますので、
法律上の効力は通じないことになります。

そうなってきますと、このようなケースであっても当然に相続権は発生しないことになります。

ですので、このようなときであっても子供との血のつながりがないときには、相続権は発生しないことになります。
もし子供に対してどうしても財産を相続させたいというときには、その子供との間で養子縁組をすることや遺言によって財産を受け継がせるようなことをしなければならないという必要が出てくるのです。

Comments are closed.