欠落の理由

遺産分割をする際には本人の意思を尊重し、遺産分割協議を行ったうえで遺産分割を行う事になる訳ですが基本的には本人の意思が有るか無いかは別にしても法定相続人は何らかの形で財産を相続する権利は生じます。しかし中には被相続人の意思や法的要因により、相続人の資格を失う人もいます。

 

 

相続人としての資格の欠落している理由は幾つか有り、まず理由としては被相続人が生きていた頃に経済的や精神的に被相続人に対して多大なる迷惑をかけた人で、それが法的な制裁を受けた場合はかなりの確率で相続人の資格は剥奪されてしまいます。それか被相続人の意思で相続人の資格の廃止の手続きを行っている人や、遺言状に相続開始の時点でその手続きを行う様に意思表示をしている際には弁護士などを通じて申し立てが行われます。

ビジネス男性06

 

その他に主に相続人の資格の欠落理由として考えられるのは、刑事裁判の前科が有る等社会的に問題が有ったり自己都合で破産宣告を経験が有る等幾つが考えられますが、特に刑事裁判の被告として裁判中や服役中の物は立場的に法定相続人であっても法律的にも相続人としての資格は欠落していますので、遺産分割協議に参加する事は出来ず遺産は相続する事が出来ません。

Comments are closed.