血のつながりがない場合

戸籍に記載されている父母の氏名が、血のつながりがある父母という証明になります。

 

しかし、婚姻中の男女間で生まれた子供はみな、基本的には2人の子供とされるため、父母欄に名前があっても実際は違う、そういう可能性もあります。ただ、原則は2人の子供とするため、戸籍上の父母を血縁のある父母とします。では、血縁関係のない人に相続したいと考える場合、まずはケースとしては相手の連れ子が多いです。自分の方が養子より1歳でも年長者であれば、養子縁組をして、親子関係を結ぶことで相続権を養子に与えることができます。親子関係を結び、扶養義務や財産の相続権を与えることが双方のためになるのであれば、この方法をお勧めします。親子関係を結ぶのではなく、財産の遺贈だけを考えているのであれば、遺言書を作成しておくとよいです。

ビジネス男性11

公証人役場に出向き、相続人に全ての財産を遺贈する、一部の財産にする、財産は貯金か、家か土地かを明確にし、細かく遺言書に書き残しておくと後で、確実に相続人の手に財産が渡ります。血のつながりがないと、血縁者から疎まれることも大いにあるので、遺贈される側のことも考え、財産の内容を具体的にしていてあげると揉めなくてよいのでお勧めです。

Comments are closed.