排除とその手続

被相続人の相続人に慣れないという人の一つの理由として相続人から排除されているということがあります。

相続人の廃除とは、遺留分を有するべき推定相続人が被相続人に対して虐待をし、もしくはこれに重大な侮辱を加えたとき、その他推定相続人に著しい非行があった時に
被相続人がその推定相続人を遺産相続する人間から外すということをするものであります。

手続きの方法としては、被相続人が家庭裁判所に排除の申請して、それを家庭裁判所が認めたときに
推定相続人の廃除ができるのであります。
また、推定相続人の廃除については被相続人が遺言で行うことも可能であります。
この時には遺言の効力が発生した時に遅滞なくその旨を家庭裁判所に請求しなければならず、
排除の認定がされた時には、その効力は被相続人の死亡の時にさかのぼって効力を発生します。ビジネス男性07

排除については、一度行ったら二度と取り消せないということはなく、
被相続人が生きている限りは、いつでも推定相続人の廃除の取り消しを家庭裁判所に請求することができます。
被相続人の意思を尊重するために、取り消しを認められているのであるのです。

このような感じで排除という制度は成り立っているのであります。

 

Comments are closed.